☆職員組合主催「いちご狩り&あんこう鍋ツアー」を開催しました
 

 
  職員組合主催の「いちご狩り&あんこう鍋ツアー」が2008年3月8日(土)に53名の参加により行われました。当日は、バス1台で神楽坂を出発し、野田校舎を経由して目的地へ向かいました。いちご狩りは、ハウス内のいちごを30分食べ放題でしたが、30分もかからずにハウス内のおいしそうな真っ赤ないちごは食べ尽くしてしまったようでした。水戸偕楽園は、梅の開花が遅れていて4分咲きくらいになっていて、多くの観光客でにぎわっていました。昼食のあんこう鍋は、3〜4人で一つの鍋を囲んでわきあいあいと冬の味覚を楽しんでいました。酒蔵では、梅酒の造り方の説明があり、自宅で梅酒を作る際のアドバイスなども聞くことができました。最後は那珂湊で新鮮な魚介類のお買い物で、みなさん買い物袋を手に持って満足そうにバスに帰ってきました。
 今回のツアーは職員組合のみで、バス1台での実施だったため、移動の車内は神楽坂・野田それぞれに勤務する職員の交流の場になり和やかな雰囲気でした。また、今回も前回のさくらんぼ狩り同様に2階建てサロン・トイレ付のバスを使用したため、お子さん連れをはじめ多くの方に好評でした。
 
 

 
 年がら年中時間に追われている気がする。ある日、昼寝中の猫を見た。ふと考える。
 のんびりと道端で寝ている猫には「時間に追われる」という感覚はあるのだろうか?
 残された時間は猫より私の方が圧倒的に長いのに、私は日常的に時間が無いと感じている。まったく猫が羨ましい。
 さて、忙しい日常を抜け出し3月8日(土)に職員組合の「イチゴ狩り&あんこう鍋ツアー」に参加した。プログラムは、午前中にイチゴ狩り→水戸偕楽園、お昼にあんこう鍋、午後は酒蔵→漁港という流れだった。盛りだくさんの内容で、どれも皆素晴らしいものだった。一緒に参加していた皆様にも大変良くして頂いた。楽しい時間は短く一瞬に過ぎた。 
 昼寝中の猫を羨ましく感じもしたが、こういう時が過ごせるなら、時間がないと感じる人生もまた良いモノなのかもしれない。

P.S
私は今回初参加でしたが、とても楽しく過ごせました。まだ参加された事のない方は是非是非奮ってご参加ください。一人でも楽しいです(笑)
 
    

 
 
 3月8日土曜日、快晴の土曜日、私たちは家族全員で今回のツアーに参加しました。参加する前は、子供3人もつれてバスの中などほかの皆さんに迷惑をかけないか心配でしたが、今回はお子さん連れで参加する方やお孫さんと一緒に来ている方などとても和やかで、和気あいあいとした雰囲気の中、3月の行楽を愉しむことができました。
 バスは2階建てのラウンジバスでリッチな気分を味わえましたし、いちご狩りは、30分食べ放題で旬の味覚を味わえました。3人の子供たちも大満足です。
 水戸偕楽園では、梅の花こそ三分咲き程度でしたが、種類によっては満開に咲いているものもあり、お花見気分も堪能できました。
 そして今回のメインであるあんこう鍋はとても美味しく、とくに最後のぞうすいは格別でした。途中お酒好きの人にはたまらない酒蔵見学や、魚市場を見学しつつ盛りだくさんの1日はあっという間に終わりとなりました。
 今回久しぶりに組合のレクレーションに参加して、家族全員本当に良かったと感じています。どの世代、どの参加形態でも楽しめる組合の旅行は本当におススメです。次回もぜひ参加してみたいと思った今回の旅行でした。
 最後になりましたが、今回の旅行の幹事をしてくださったみなさん、企画、調整大変だったと思います。本当にお疲れ様でした。次回もよろしくお願いします。どうもありがとうございました。